わきがの正体と考え方

人体の部位で腋の下は発汗しやすく、わきが(腋臭症)は皮膚に存在するアポクリン腺から分泌される汗が、強く独特な悪臭を放つ遺伝的要因の強い体質のことです。

 

腋臭の度合いや悩みの深刻さは個人差あると思いますが、わきがは形成外科などの医療機関で治療することも可能です。

 

ただ、病気というわけではないので、体質改善に取り組んだりニオイそのものも改善できます。

 

まず、具体的には環境の変化によるストレスや特に食事の影響が大きく関係して、脂っこいものや動物性脂肪などを多く含む食事をすることにより、ニオイの原因を増殖させます。

 

ファストフード・ジャンクフード・肉類・乳製品の、過剰摂取には注意が必要です。

 

特に、若年層の女性が突然わきがのニオイに悩む原因の一つに、「ワキの処理」があります。

 

できるだけ低コストでワキの処理を済ませようと、毛抜きによる脱毛をする方に多いパターンです。

 

毛抜きで脱毛するときは、慣れるとあまり痛みを感じなくなるようですが、肌へのダメージは大きいものです。

 

この刺激により、今までそんなに出ていなかったニオイの原因となる汗が、大量に出るようになってしまうパターンもあります。

 

わきがが軽度でかつ、ある程度の経済的余裕のある場合は、病院で腋臭治療法のカウンセリングを受けて、「レーザー脱毛」の手術という選択肢もあるでしょう。

 

毛根ごと破壊してワキ毛をなくすことは、ニオイの軽減という点において有効な治療方法になります。

 

しかし、欧米人の考え方は腋臭・体臭は生理学的現象と認識されており、その事実を不快に思う方や治療する方はほとんどいないです。

 

また、社会・文化的背景やライフスタイル・ファッションセンスの違いにより、日本人より欧米人の方が体臭を隠すため日常的に香水を使用しています。

 

「香水」に対するイメージ・抵抗感のある方は、TPOに合わせた香りの選び方や周囲に好感を持たせる、正しい香水の付け方をマスターすれば解消され深刻に悩むこともなくなると思います。